業績集

久保 秀通

1. 英文原著(筆頭著者)

1) Temporal expression of wound healing-related genes in skin burn injury
Leg Med (Tokyo). 2014 16:8-13
Kubo H, Hayashi T, Ago K, Ago M, Kanekura T, Ogata M

2) Forensic diagnosis of ante- and post-mortem burn based on aquaporin-3 gene expression in the skin
Leg Med (Tokyo). 2014 16:128-134
Kubo H, Hayashi T, Ago K, Ago M, Kanekura T, Ogata M

2. 英文原著(共著)

1) Evaluation of a newly developed immunochromatography strip test for diagnosis of dermatophytosis.
Int J Dermatol. 2012 Apr;51(4):406-9
Higashi Y, Miyoshi H, Takeda K, Saruwatari H, Kubo H, Sakaguchi I, Iwata M, Uchida Y, Tada K, Miyamoto M, Wakamoto H, Takasaki S, Ishida H, Noriki S, Kanekura T.

2) Cryotherapy for massive vulvar lymphatic leakage complicated with lymphangiomas following gynecological cancer treatment.
Jpn J Clin Oncol. 2014 Nov;44(11):1116-9
Yanazume S, Douzono H, Kubo H, Nagata T, Douchi T, Kobayashi H

3. 英文症例報告(筆頭著者)

1) The Journal of Dermatology 34(11): 773-777
Spontaneous regression of recurrent and metastatic Merkel cell carcinoma
Hidemichi KUBO, Shigeto MATSUSHITA, Tomoko FUKUSHIGE, Tamotsu KANZAKI, Takuro KANEKURA
Department of Dermatology, Field of Sensory Organology, Kagoshima University Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima, Japan

4. 英文症例報告(共著)

1) The Journal of Dermatology 34(11): 798-800
Facial paraffinoma after cosmetic paraffin injection
Uchida Y, Yoshii N, Kubo H, Kanzaki T, Kanekura T

2) Clinical Experimental Dermatology 2009 Dec;34(8):e740-3
Multiple intravascular papillary endothelial heperplasia affecting skin and bone
Higashi Y, Uchida Y, Yoshii N, Kubo H, Kanzaki T, Yokouchi M, Kanekura T

3) The Journal of Dermatology 2010 Jul;37(7):666-70
Metastatic Cutaneous Squamous Cell Carcinoma Treated Successfully with Surgery, Radiotherapy, and S-1/CDDP Chemotherapy
Matsushita S, Kawai K, Tada K, Mera K, Kubo H, Ibusuki A, Yoshii N, Kanekura T.

4) Eur J Dermatol 2013 Apr 1;23(2)250-1
Blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm in a human T-cell lymphotropic virus type I (HTLV-1) carrier: a coincidental association?
Uchida Y, Kawai K, Kubo H, Takeda K, Shimokawa M, Yoshii N, Kanekura T.

5) J Dermatol. 2014 Dec;41(12):1127-8
Rare case of Langerhans cell sarcoma with cutaneous manifestation arising on the inguinal region
Jimura N, Matsushita S, Baba N, Kubo H, Takeda K, Fukushige T, Fujii K, Kanekura T

5. 邦文論文(筆頭著者)

1) 西日本皮膚科65: 329-330. 2003
糖尿病患者に見られた澄明細胞汗管腫の一例
  鹿児島大学医学部皮膚科学講座(主任:神崎保教授)
久保 秀通・橋口 貴樹・具志 亮・神崎 保
島田ひふ科(主任:島田辰彦院長)
島田辰彦

2) 皮膚病診療 30(9):1027-1030. 2008
 汎発型環状肉芽腫
  鹿児島大学医学部皮膚科学講座(主任:金蔵拓郎教授)
  久保 秀通・松下 茂人・金蔵 拓郎
  今村病院分院皮膚科(主任:神崎保皮膚科部長)
  神崎 保
  米良ひふ科クリニック(主任:米良修二院長)
  米良 修二

3) 西日本皮膚科 72(1):36-39.2010
 インドメタシン外用が奏効した日光角化症の一例
  鹿児島県立大島病院皮膚科
  久保 秀通
  国立療養所奄美和光園
  江川 清文

4) Visual dermatology 9(3):228-229.2010
 指状疣贅かミルメシアか? 指状疣贅様臨床像を呈した特異なミルメシア
  鹿児島県立大島病院皮膚科
  久保 秀通
  国立がんセンター研究所ウイルス部
江川 長靖、清野 透
東京慈恵会医科大学皮膚科
江川 清文

5) 西日本皮膚科 79(2):147-149.2017
 高齢者の腹部に生じた毛母腫の1例
  久保皮膚科
  久保 秀通、久保 秀徳
  独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター皮膚腫瘍科・皮膚科
  山村 健太郎、青木 恵美、松下 茂人

6) 西日本皮膚科 79(6):566-568.2017
 異所性骨化を伴った表皮嚢腫の1例
  久保皮膚科
  久保 秀通、久保 秀徳
  独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター皮膚腫瘍科・皮膚科
  山村 健太郎、青木 恵美、松下 茂人

6. 邦文論文(共著)

1)皮膚科の臨床49(9):1108-1109
 髄膜炎を合併した殿部帯状疱疹の1例
  大山公崇、多田浩一、久保秀通、三好逸男、福岡忠博

2) 西日本皮膚科 71(2):128-130
 超音波検査用ゲルによる接触皮膚炎の一例
  鹿児島大学大学院医歯学総合研究科先進治療科学専攻感覚器病学講座皮膚科学(主任:金蔵拓郎教授)
玉井 真理子・東 裕子・久保 秀通・金蔵 拓郎
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科健康科学専攻人間環境学講座消化器疾患・生活習慣病学(主任:坪内博仁教授)
宇都 浩文・坪内 博仁

3) DNA多型 20巻:21-25 (2012.5)
 鹿児島市内のニホンアナグマ(Meles meles anakuma)におけるミトコンドリアDNA多型
  鹿児島大学大学院医歯学総合研究科法医学分野(主任:小片 守教授)
吾郷 一利・下野真利子・林 敬人・吾郷美保子・小片 守・久保 秀通・井手 貴之・上釜 浩平・奥田龍一郎・馬渡 浩史

7. 国際学会発表(一般演題)

1) 2004.09.10第9回国際心臓血管麻酔学会:東京
 Anesthetic Management of Patent Ductus Arteriosus Interruption with Thoracoscopy in Small Children
Hidemichi Kubo,M.D., Hirotsugu Okamoto,M.D,Ph.D., Shintaroh Koiso,M.D; Nobuo Itoh,M.D., Sumio Hoka,M.D.Ph.D
Kitasato University School of Medicine
Sagamihara, Kanagawa, Japan

2) 2011.09.26~10.01 8th International Symposium Advances of Legal Medicine (ISALM): Frankfurt
Skin aquaporin-3 gene expression can differentiate antemortem burn and postmortem burns.
Hidemichi Kubo*, **, Takahito Hayashi*, Kazutoshi Ago*, Mihoko Ago*, Takuro Kanekura**, Mamoru Ogata*
* Department of Legal Medicine, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
** Department of Dermatology, Field of Sensory Organology, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

3) 2011.09.26~10.01 8th International Symposium Advances of Legal Medicine (ISALM): Frankfurt
Two cases of drowning and ‘delayed death from drowning’ while the victims scuba-dived together.
Hidemichi Kubo*, **, Takahito Hayashi*, Kazutoshi Ago*, Mihoko Ago*, Hiroshi Nakashima, Mamoru Ogata*
* Department of Legal Medicine, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
** Department of Dermatology, Field of Sensory Organology, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

8. 国内学会発表(一般演題)

1) 2002.07.22第131回日本皮膚科学会鹿児島地方会
 Delayed graftingが奏効したchronic pyodermaの一例
 久保秀通 米良ゆかり 武田浩一郎 川畑久 寺崎健治朗 金蔵拓郎 神崎保(鹿児島大学) 新山孝二(日置郡)

2) 2003.06.14第23回日本臨床麻酔学会
 筋弛緩薬を用いず高濃度吸入麻酔薬により急速導入を行った重症筋無力症患者3症例の検討
 北里大学医学部麻酔科
 久保秀通 小澤章子 伊藤伸大 小磯進太郎 岡本浩嗣 外須美夫

3) 2005.05.29第139回日本皮膚科学会鹿児島地方会
 北里大学麻酔科・救命救急研修
 久保秀通(鹿児島大学皮膚科)

4) 2005.07.09第3回日本皮膚科学会南九州地方会、第140回日本皮膚科学会鹿児島地方会
 顔面肉芽腫の一例
 久保秀通 坂元亮子 金蔵拓郎 神崎保(鹿児島大)

5) 2006.04.28第22回日本皮膚悪性腫瘍学会
 再発巣及び転移巣の自然消退を認めたMerkel細胞癌の一例
久保 秀通、松下 茂人、金蔵 拓郎、神崎 保(鹿児島大学大学院皮膚疾患学)馬場 道広(馬場病院)

6) 2006.07.08第4回日本皮膚科学会南九州地方会、第144回日本皮膚科学会鹿児島地方会
 乳児期に生じた環状肉芽腫の一例
 久保秀通1)2) 松下茂人2) 金蔵拓郎2) 神崎 保2)3) (1:鹿児島市立病院皮膚科) (2:鹿児島大学大学院皮膚疾患学)(3:今村病院分院皮膚科) 米良修二(鹿児島市)

7) 2006.12.10第145回日本皮膚科学会鹿児島地方会
 潰瘍性大腸炎に併発したrelapsing polychondritisの一例
 久保秀通、内田洋平、金蔵拓郎(鹿児島大学大学院皮膚疾患学) 福丸圭子(ふくまる皮フ科クリニック) 今村健三郎(健三郎今村クリニック)

8) 2007.3.11 第146回日本皮膚科学会鹿児島地方会
 巨大マイボーム腺癌の治療例
 久保秀通、松下茂人、武田浩一郎、橋口貴樹、金蔵拓郎(鹿児島大学大学院皮膚疾患学) 石原剛(熊本大) 西正行(姶良郡)

9) 2007.5.12 第23回日本皮膚悪性腫瘍学会
 CD8, CD30陽性の皮膚T細胞性リンパ腫の一例
 久保秀通、武田浩一郎、橋口貴樹、金蔵拓郎(鹿児島大学大学院皮膚疾患学)
 宇宿一成(指宿市)

10) 2007.5.27 第147回日本皮膚科学会鹿児島地方会
 CD8, CD30陽性の皮膚T細胞性リンパ腫の一例
 久保秀通、武田浩一郎、橋口貴樹、金蔵拓郎(鹿児島大学大学院皮膚疾患学)
 宇宿一成(指宿市)

11) 2007.12.9 第149回日本皮膚科学会鹿児島地方会
 巨大な上口唇扁平上皮癌に対する治療経験
 久保秀通、松下茂人、多田浩一、岩田政宏、上和田理恵、吉井典子、金蔵拓郎(鹿児島大学大学院皮膚疾患学)

12) 2008.1.26 第31回皮膚脈管膠原病研究会
 リンパ浮腫を伴ったメンケベルグ石灰化の一例
 久保秀通、内田洋平、吉井典子、金蔵拓郎(鹿児島大学大学院皮膚疾患学)
 四本信一(姶良郡)

13) 2008.4.19 第107回日本皮膚科学会総会
 らい性結節性紅斑に対するサリドマイドの使用経験
 久保秀通、橋口貴樹、上和田理恵、多田浩一、吉井典子、金蔵拓郎(鹿児島大学大学院皮膚疾患学)
 後藤正道(鹿児島大学大学院人体がん病理学)

14) 2010.4.25 第156回日本皮膚科学会鹿児島地方会
 県立大島病院出向報告(2008.04~2010.03)
久保 秀通(鹿児島大学大学院皮膚疾患学)

15) 2010.10.16 第60回日本法医学会九州学術地方集会(北九州)
 熱傷モデルマウスを用いた熱傷受傷後の経過時間推定の試み
久保 秀通1), 2)、林 敬人1)、吾郷 一利1)、吾郷美保子1)、金蔵 拓郎2)、小片 守1)
1)鹿児島大学大学院医歯学総合研究科法医学分野(鹿大院法医)
2)鹿児島大学大学院医歯学総合研究科皮膚科学分野(鹿大院皮膚科)

16) 2011.6.15~17 第95次日本法医学会総会(福島)
 Estimation of burn wound age on the expression of genes related to wound healing
Hidemichi Kubo*, **, Takahito Hayashi*, Kazutoshi Ago*, Mihoko Ago*, Takuro Kanekura**, Mamoru Ogata*
* Department of Legal Medicine, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
** Department of Dermatology, Field of Sensory Organology, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

17) 2011.6.15~17 第95次日本法医学会総会(福島)
Two simultaneous cases of drowning and so-called ‘delayed death from drowning’ while scuba-diving
Hidemichi Kubo*, **, Takahito Hayashi*, Kazutoshi Ago*, Mihoko Ago*, Hiroshi Nakashima, Mamoru Ogata*
* Department of Legal Medicine, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
** Department of Dermatology, Field of Sensory Organology, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

18) 2011.10.7 第61回日本法医学会九州学術地方集会(長崎)
 熱傷部皮膚におけるaquaporin-1, -3発現様態の特異性について
久保 秀通1), 2)、林 敬人1)、吾郷 一利1)、吾郷美保子1)、金蔵 拓郎2)、小片 守1)
1)鹿児島大学大学院医歯学総合研究科法医学分野(鹿大院法医)
2)鹿児島大学大学院医歯学総合研究科皮膚科学分野(鹿大院皮膚科)

19) 2011.12.9-11日本研究皮膚科学会第36回年次学術大会・総会
 Specific expression of water channels, aquaporin-1 and -3, in burned skin.
Kubo H1,2, Hayashi T2, Ago K2, Ago M2, Ogata M2, Kanekura T1.
1 Department of Dermatology, Field of Sensory Organology, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
2 Department of Legal Medicine, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

20) 2011.12.18 第161回日本皮膚科学会鹿児島地方会(鹿児島)
 熱傷部皮膚におけるaquaporin-1, -3の特異的な発現様態 ~皮膚科,法医学への実務応用を目指して~
久保 秀通1), 2)、林 敬人2)、吾郷 一利2)、吾郷美保子2)、小片 守2) 金蔵 拓郎1)
1) 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科皮膚科学分野(鹿大院皮膚科)
2) 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科法医学分野(鹿大院法医)

21) 2011.01.17 第5回桜ケ丘地区基礎系研究発表会(鹿児島)
 皮膚熱傷におけるaquaporin-1, -3発現の変化について
久保 秀通1), 2)、林 敬人1)、吾郷 一利1)、吾郷美保子1)、金蔵 拓郎2)、小片 守1)
1)鹿児島大学大学院医歯学総合研究科法医学分野(鹿大院法医)
2)鹿児島大学大学院医歯学総合研究科皮膚科学分野(鹿大院皮膚科)

22) 2012.04.15 第162回日本皮膚科学会鹿児島地方会(鹿児島)
 2011年 鹿児島大学病院皮膚科入院患者統計
久保秀通,猿渡浩,武田浩一郎,橋本千晶,米倉健太郎,坂口郁代,下川光芳,玉井真理子,馬場淳徳,久留光博,川崎美帆,馬場直子,山筋好子,坂ノ上正直,青木恵美,東裕子,松下茂人,河井一浩,金蔵拓郎
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科皮膚科学分野(鹿大院皮膚科)

23) 2012.04.15 第162回日本皮膚科学会鹿児島地方会(鹿児島)
 2011年 鹿児島大学病院皮膚科死亡患者統計
久保秀通,猿渡浩,武田浩一郎,橋本千晶,米倉健太郎,坂口郁代,下川光芳,玉井真理子,馬場淳徳,久留光博,川崎美帆,馬場直子,山筋好子,坂ノ上正直,青木恵美,東裕子,松下茂人,河井一浩,金蔵拓郎
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科皮膚科学分野(鹿大院皮膚科)

24) 2012.07.07~08 日本皮膚科学会第10回南九州地方会(宮崎)
 脳,皮膚病変を呈したdiffuse large B-cell lymphoma (DLBCL)の一例
久保秀通,武田浩一郎,河井一浩,金蔵拓郎
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科皮膚科学分野(鹿大院皮膚科)

25) 2013.04.14 第165回日本皮膚科学会鹿児島地方会(鹿児島)
 2012年 鹿児島大学病院皮膚科入院患者統計
久保秀通,猿渡浩,米良健太郎,多田浩一,坂ノ上正直,青木恵美,勝江浩未,下川充芳,馬場淳徳,久留光博,山筋好子,毛利翔悟,江口裕可,木下和久,地村望,川上延代,吉福明日香,内田洋平,武田浩一郎,東裕子,松下茂人,河井一浩,金蔵拓郎
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科皮膚科学分野(鹿大院皮膚科)

26) 2013.04.14 第165回日本皮膚科学会鹿児島地方会(鹿児島)
 2012年 鹿児島大学病院皮膚科死亡患者統計
久保秀通,猿渡浩,米良健太郎,多田浩一,坂ノ上正直,青木恵美,勝江浩未,下川充芳,馬場淳徳,久留光博,山筋好子,毛利翔悟,江口裕可,木下和久,地村望,鶴田祐介,内田洋平,武田浩一郎,東裕子,松下茂人,河井一浩,金蔵拓郎
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科皮膚科学分野(鹿大院皮膚科)

9. 執筆

1) 2008.08.15 奄美新聞
 皮膚のガン“悪性のほくろ”
 久保秀通
 鹿児島県立大島病院皮膚科

2) 2009.05.22 奄美新聞
 水虫について
 久保秀通
 鹿児島県立大島病院皮膚科

3) 2009.08.07 奄美新聞
 日焼け
 久保秀通
 鹿児島県立大島病院皮膚科

4) 2014.10.22 鹿児島県皮膚科医部会報 (No.33), p20-22
 娑婆(しゃば)に出て・・・
 久保秀通
 久保皮膚科

5) 2015.5.8 北里大学医学部同窓会同窓会報 (No.69), p17-18
 北里への感謝を込めて・・・
 久保秀通
 久保皮膚科

6) 2015.10.20 鹿児島県皮膚科医部会報 (No.34), p14-16
 自分の居場所・・・
 久保秀通
 久保皮膚科

7) 2016.4.15 日本臨床皮膚科医会誌 33(3), 430-432, 2016
 “皮膚科医”+α=“地域密着医”を目指して・・・
 久保 秀通
 久保皮膚科(鹿児島市)

8) 2017.10.11 鹿児島県皮膚科医部会報 (No.36), p9-10
 石の上にも・・・
 久保秀通
 久保皮膚科

10. 文化・社会活動

1) 2010. AMAMI市美展(2010.1/30)
 奄美の休日・・入選(写真の部)
 久保秀通
 鹿児島県立大島病院皮膚科

2) 第9回KDPC写真展(2015.5.26~31)
 復興への羽ばたき ~松島の息吹~
 久保秀通
 久保皮膚科

3) 第9回KDPC写真展(2015.5.26~31)
 福島の大晦日 ~明日を照らす光~
 久保秀通
 久保皮膚科

4) 鹿児島県医師会報表紙写真掲載(2016.5月号)
 木漏れ日を浴びながら・・・
 久保秀通
 久保皮膚科

5) 第16回北里大学医学部ニューズ写真コンテスト (2016年6月)
 癇癪前!?・・入選
 久保秀通、久保喜和
 久保皮膚科

6) 鹿児島市医報写真掲載(第55巻12号;2016年12月)
 復興への陽光 ~猪苗代の冬~
 久保秀通
 久保皮膚科

7) 鹿児島市医報写真掲載(第56巻2号;2017年2月)
 特集 誌上ギャラリー作品集(平成28年第2号~平成29年第1号)
復興への陽光 ~猪苗代の冬~
 久保秀通
 久保皮膚科

8) 鹿児島県医師会報表紙写真掲載(2017.4月号)
 癇癪前!?
 久保秀通
 久保皮膚科

9) 第10回KDPC写真展(2017.10.17~22)
 木漏れ日を浴びながら・・・
 Road to2017 ~別府湾の初日の出~
 みんなの宝物 ~This is AMAMI !!~
 夕映えに浮かぶ薩摩富士
 久保秀通
 久保皮膚科

10) 鹿児島市医報写真掲載(第56巻11号;2017年11月)
猪苗代湖の象徴
 久保秀通
 久保皮膚科

11. メディア出演

1) テレビ:MBCニューズナウ(2008.11/05)
 緊急特集 医師不足 鹿児島では・・②深刻!離島医療
 久保秀通
 鹿児島県立大島病院皮膚科

2) 新聞:LIVINGかごしま別冊 家庭のためのメディカル・ナビ 鹿児島のお医者さんガイド(2015年8月29日特別号)
 3代続けて皮膚診療に尽力
 久保皮膚科

3) 新聞:LIVINGかごしま別冊 家庭のためのメディカル・ナビ 2016春 鹿児島のお医者さんガイド(2016年2月20日特別号)
3代にわたり皮膚診療に尽力
 久保皮膚科

4) テレビKTS かごニュー(2016.04/06)
 かごQ“春から始める紫外線対策”
 久保秀通
 久保皮膚科

5) フリーペーパー:Kids Do(2016年11・12月号)
 地元の頼れるドクターが答えます。子育てママのお悩み相談ルーム
 こどもの乾燥肌について
 久保皮膚科

6) 雑誌:untan Vol.2 p91
 鹿児島県病院ナビ
 久保皮膚科

7) 雑誌:TJカゴシマ 2017 (2) No.441
 TJ版 鹿児島病院ナビ Vol.6
 久保皮膚科

8) 雑誌:TJカゴシマ 2017 (7) No.446
 鹿児島のドクターに聞く 私たちのこころとからだ
 水虫
 久保皮膚科

9) フリーペーパー:Kids Do(2017年11・12月号)
 地元の頼れるドクターが答えます。子育てママのお悩み相談ルーム
 こどもの乾燥肌について
 久保皮膚科

10) 新聞:LIVINGかごしま別冊 家庭のためのメディカル・ナビ 2018春 鹿児島のお医者さんガイド(2018年2月17日特別号)
3代続けて皮膚診療に尽力
 久保皮膚科

11) 雑誌:untan Vol.3 p66
 かごしま病院ナビ
 久保皮膚科

12. 役歴

H20.04~H22.03 鹿児島県立大島病院皮膚科 部長
H23.10~H26.03 鹿児島大学皮膚科 助教
H24.04~H25.03 鹿児島大学皮膚科 病棟医長
H24.04~現    鹿児島県消防学校救急科 講師(解剖生理II:皮膚系)
H25.04~H26.03 鹿児島大学皮膚科 外来医長
H26.05~現    久保皮膚科 院長
H27.04~H28.03 鹿児島市医師会上町支部 副支部長
H27.07~現在   鹿児島ドクターズフォトクラブ 正会員
H29~現     ラ・サール医療部会鹿児島支部幹事
H29~現     鹿児島県医師会警察協力医会会員

13. 賞罰

1) The poster award (2011.09.26~10.01 8th International Symposium Advances of Legal Medicine (ISALM): Frankfurt)
Skin aquaporin-3 gene expression can differentiate antemortem burn and postmortem burns.
Hidemichi Kubo*, **, Takahito Hayashi*, Kazutoshi Ago*, Mihoko Ago*, Takuro Kanekura**, Mamoru Ogata*
* Department of Legal Medicine, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
** Department of Dermatology, Field of Sensory Organology, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University